呪術廻戦0主題歌 神曲で神曲King Gnu 「一途」の意味と歌詞解説 Part2

曲紹介

King Gnuが好きな方、呪術廻戦が好きな方でこの「一途」というフレーズを聞いたことがない人はいないでしょう。

映画、主題歌が公開されると共に反響が凄かったのを覚えています。

そこでみなさんに質問です。

本当に意味を理解できていますか?

少しでも不安になった方はこの記事を見ていってくださいね!

今回は映画の主人公である

乙骨憂太

に焦点を当てて解説していきます。

前回の記事はこちらから

https://nakamanodokuro.com/劇場版呪術廻戦0主題歌%E3%80%82神曲で神曲king-gnu-「一途/

一途の解説している他のサイトはこちらから

King Gnu『一途/逆夢』/身を斬るような覚悟で伝えるもの-rockinon.com|https://rockinon.com/disc/detail/201162

はじめに

この記事はこんな人のために書きました。

  • King Gnuが好きな人
  • 呪術廻戦が好きで映画を見た人
  • 呪術廻戦0巻を持っている人

自己紹介

本編に行く前に少しだけ自己紹介させてください!

主はこんな人です。

それでは本編に行きましょ!

「一途」のコンセプト

呪術廻戦0巻より引用

簡単におさらいしましょう。

この曲のコンセプトは

「愛という呪い」

がコンセプトの曲です。

1番

最期にもう一度強く抱き締めて

その後はもう何も要らないよ

King Gnu 一途より引用

間違いなく作中の乙骨VS夏油の場面を再現してますよね。

最期と言っていますからね。

里香と一緒に心中しようと考えていた乙骨

その乙骨が「最期に」里香と抱擁をすると。

何も要らないよ

というのは「これで最期」

つまり、呪いを解くという乙骨の覚悟の現れでしょうね。

生きてる証刻むの悴む心震わして                                天秤なんて必要ないの
矛盾に脳を震わして

King Gnu一途より引用

生きてる証刻むの

乙骨が呪術高専に来た理由を見つけた、という表しですかね。

呪いを解きに来た

と乙骨自身が言っていますからね。

天秤なんて必要ないの

高専に来た理由を理解した乙骨の迷いのなさを表しているのでしょう。

1番は乙骨が高専に来た理由と戦う由を見つけた場面を表している

2番

呪術廻戦0巻より引用

正義と悪など揺らいでしまう程生き急いでいたエンドロールは

きっと神様の勝手ないたずら。汚れ役だろうと厭わないよ

King Gnu 一途より引用

2番の歌詞は実は「夏油」目線なんですね。

全くわかりませんでした。笑

正義と悪など揺らいでしまう程の考えをもつ夏油。

この所は次のアニメで披露されるであろう五条の過去編で分かりますね。

ネタバレは不本意なのでここでは書かないようにしますね🙇‍♂️

ただし最後のセリフ

汚れ役だろうと厭わないよ

というのは自身の描く理想の世界に対し汚れ役だろうと絶対に実現する。

そんな決意の見える歌詞ではないでしょうか。

矛盾だらけお互い様ね不幸話の背比べ 首の皮一枚瀬戸際に足掻いてちゃ白々しいね

King Gnu一途より引用

矛盾だらけ……

夏油の過去の葛藤が現れている歌詞です。

夏油が何故非呪術師を嫌うのか。

何故夏油が呪術師だけの世界を作ろうとしているのか。

次のアニメ化が楽しみですね!

King Gnu好きな方!

「首の皮一枚」というフレーズ聞き覚えないですか???

そうです!

「白日」にでてましたね〜( ・∀・) ニヤニヤ

2番の歌詞は夏油の現在と過去について書かれている!

ラスト

呪術廻戦0巻より引用

ここからは怒涛の歌詞ラッシュ!

フレーズラッシュになります!

見逃さないでください!!!

ひとひらの思いよ届け届けと

血をめぐらせて一途に思います。

理由なんて必要ないの

King Gnu 一途より引用

ラストで再度乙骨目線へとシフトします。

「一途に思います。理由なんて必要ないの」

このフレーズは原作を相当リスペクトしないと生まれないでしょう……

特急呪霊として異形である里香。

しかし里香がどんな状況であろうと一途に思う乙骨。

素晴らしい関係じゃァないですか……

何がなんでも「一途」に思い続ける乙骨と里香の関係が描かれている!
 

正しさの理由も知らずに 愛が体を喰いちぎった

正しさを振りかざさないで 事実が理由を喰いちぎった

King Gnu一途より引用

愛が体を喰いちぎった。

事実が理由を喰いちぎった。

全ての始まりは

乙骨が里香を呪ってしまった。

という「事実」から生まれた歌詞でしょう。

前回も述べましたが「喰いちぎった」という表現がおぞましくて大好きなんです……

原作へのリスペクト凄くないですか……?

喰いちぎった、という表現は           原作リスペクトの表れ

鼓動が止まぬように喧騒に薪を焚べんだ帳を貼ることすら不粋な気がしてんだ

King Gnu一途より引用

ここでは乙骨VS夏油のラストシーンが描かれてますね。

里香と共に最大限の呪力を解放し最後の全てをかけた一撃のシーンでしょう。

自分の命をかけた一世一代の大勝負だったわけです。

戦いの壮絶さが歌詞より滲み出てます……

さぁ来世に期待ね光れ閃け猛スピードで一途に向かいます余力を残す気は無いの

King Gnu一途より引用

さぁ来世に期待ね……

「愛という呪い」で繋がってしまった乙骨と里香

一緒にあの世に行ったその後。

つまり乙骨と里香は

来世では呪いではなく愛し合える関係を望んでいるのではないでしょうか。

余力を残す気は無いの

先程も述べましたが一世一代の大勝負です。

そこに全てを賭けて来世に期待する。

届け届けとをめぐらせて 一途に愛します。 永遠なんて必要ないの

King Gnu一途より引用

わざわざ解説する必要はないでしょう。

来世に期待し、全てを賭ける乙骨。

歌詞から溢れる迫力が溢れ出てますね……

最期にもう一度強く抱き締めて その後はもう何も要らないよ 見えない未来も消せぬ過去さえも あなたで満ちれば後悔はないよ

King Gnu 一途より引用

1番と少し歌詞が違いますよね。

見えない未来も消せぬ過去さえも

これからどうなろうと気にしてないんです。

最終的に里香と一緒に

「心中」出来れば

ラスト行きますよ!

最期にもう一度力を貸して その後はもう何も要らないよ 僕の未来も心も体もあなたにあげるよ

全部全部

King Gnu一途より引用

もう何も言う必要はないでしょう……

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございます。

劇場版呪術廻戦0の舞台となっている0巻はこちらから

⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎

呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校 (ジャンプコミックス)
呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校 (ジャンプコミックス)

コメント

タイトルとURLをコピーしました